自転車の障害に適当に油をさしたら死ぬかと思った土産

自転車を多雨に濡らしてしまいました。油断していた、とガックリだ。一度でも雨ざらしになるとどこかしら様相が悪くなるんですよね。妨害が「キキー」という音を出すようになったりスパイラルが錆びたり。自転車はきわめて普通のママチャリで自転車がホビーというわけではないですけど、用意というか日常的なお手入れは自分でできるようになりたいなーと思いました。
とりわけ多雨に濡れてしまったスパイラル部分に油をさしたらよさそうだと思って近所の自転車屋氏に行きました。「ペース最初あさひ」というスパイラル展開しているお店だ。用意用の道具が並んでいる棚を眺めていると、スタッフがアッという間に「何かわからないことがあれば」という声を掛けてくれました。こういう自転車屋氏のスタッフはとことん声をかけていただける。概ね知識がないのでスタッフにバックグラウンドを話してジェットを最初缶買ってきました。明日にでもスパイラルに油をさそう。
自転車に油を指し示すといえば、昔の非事例を思い出します。それは死ぬかと思ったなぁ。
昔、妨害が鍵鍵言うようになったので、「そう、油をさそう!」と思い、姉妹の持っていた自転車視点油をさしてみたことがあります。妨害の制動箇所というのでしょうか、タイヤに圧力をかける部分に油をさしました。そうしたら妨害が効かなくくなりました。妨害はタイヤにぎゅうっと外敵をかけてタイヤを諦めるんですよね。その部分に油をさしたので、転びがぐっすりなって断ち切るキャパシティーが効かなくなったようです。「あ、油さすポイント間違えた」と気づいたのは長い下り坂を下って要る中途でした。ほんのり死ぬかと思った手帳だ(坂は下りきったところで立ち坂に転じていたので助かりました)。買取専門店で査定してもらいましたか?