軽トラのお話 ~断然F1カーものの個別初めマイカー!?~

ここでは、ちょっぴりマニアックな軽トラのチャットをしたいと思います。

軽トラというと、ダイハツの高ゼットやスズキのキャリーをイメージされると思いますが、僕がここで紹介したいのはスバルのサンバーってホンダのアクティーだ。共に培養は終了しているのですが、ひとつ下部の間では更にカスタマイズ基盤自家用車として人気があります。カスタマイズと言ってもデコトラではありません。現れ屋だ。

サンバーってアクティーの自負は、その駆動手法(リアエンジン・リア駆動、俗称:RR)にあります。RR自家用車で有名なのはビートルやポルシェで、国産自家用車では三菱のiやホンダのバモスがあります。と言っても、まったく希少な駆動手法で、その長所はトラクション(駆動力)であり「土を蹴るような現れ」という叙述されます。一部の下部の間では、F-1カーに一際くらいて低いカスタマイズベースとも言われます。

そんなRRの軽トラのウイークポイントを挙げるとすれば、補修のハードルだ。普通の軽トラは、席順の下にエンジンがあります。ただし、何よりサンバーに呼べることですが、RRの軽トラはリアバンパーがボンネット代わりになっていて、ロックにおいて開閉するが、自家用車が古くなってくるって、その開閉が滑らかでなくなったり、ロックが折れたりすることだ。
また、オイルキャッチボール(オイルフィルターのキャッチボール)のハードルも他の車という較べると少し高くなります。

以上のようなウイークポイントにおいても、サンバーというアクティーはひとつのカスタマイズ基盤の範疇としては面白いと思います。自動車関連のホームページ