32歳紙乗員。久しぶりに運転して思った部分。

自分は学生時代に自家用車の免許を取得したのですが、
前のショップへのメソッドは主に通勤で、
どこかに遊びに行くのにも主に電車を通じていました。
自家用車自体にも興味はよっぽど無く、
免許も父母からのくどい勧めで仕方なく取得したカタチでした。

但し、会社を辞めたのをきっかけに、
自宅で自家用車の運営をするみたい、おとうさんから要望で自家用車の運営のリハーサルをすることになりました。
リハーサルと行っても、公道に出てしまえばそれはリハーサルではなくなるのですが…。

俺は自家用車を所有してないので、
おとうさんのガイドブック軽自動車にのぼりました。おとうさんを助手催しにのせて。

久しぶりに自家用車に乗ったインプレッションは「手前が見えない」でした。
自分は丈が高い方なので、小型の軽自動車だと、
正面の限界が小さくなり、いまひとつ今しがたがよく思えなかったのです。
でもなんとか席を調整して運営をしたものの、
今しがたがいまいち見えない疲労はちゃらんぽらんではなく、10パイで動画を上げました。

持ち越し、おとうさんの近隣から限界の大きい縦長の自家用車を借り(それほど貸してくれたな…)
やっと普通に運転できるまでには回復し、
自家用車もいいなと、言えるようになりました。

但し、多少運転してて思ったのは、
「なんでアクセルといった障りっておんなじ足もとにおけるんだろう…」だ。

それほどお婆さんが、アクセルって障りの踏み勘違いで大難を起こすようなことを
聞きますが、自分はお婆さんに限ったストーリーもないのではないかと思います。
ちょい疲れてるところ車に乗るって、ペダル(?)の感が僅かわかり難く、
どっちのペダルに歩きを置いているのかわかりにくく受け取ることがあります。

自分は、踏み勘違い大難を防止しする為にも、
今しがたに障害があった際にエマージェンシー停止して受け取るセンサーが
あってくれたほうが望ましいですが、あんな自家用車、高くて手段が出せません…。

少なくともアクセルに多少なりとも歩きを乗せた時は、
ドライバーがたちまち目視できるスポットの灯火が点灯する、ぐらいの仕込みは、
これからの自家用車に欲しいなと思います。http://wikipediasucks.com/